2008年09月28日

FP:ファイナンシャルプランナー試験の難易度

ファイナンシャルプランナーの試験を受けるに当たって、気になるのはその合格率ではないでしょうか。
一体どれだけの人が、その試験を受けて受かっているのかというのは、難易度を図る上で非常に参考になるデータかと思います。 

まず、3級ファイナンシャルプランニング技能検定の合格率ですが、学科試験は67〜92%と年度によってかなりバラつきがあるものの、総じて高い合格率となっています。 
90%を越えるとなると、自動車免許の学科試験とそれ程変わらない難易度と言えると思います。
実技試験に関しては、2004年の個人資産の試験に関してのみ極端に低い数字が出ていますが(29%)、それ以外は個人資産の試験が40〜70、保険顧客の試験が60〜90%となっています。 
いずれも年度によって30%くらいの開きがあり、まだ試験の難易度自体安定しきれていないというのが実状のようです。 
ただ、近年ではほぼ70%前後で固まりつつあるようですね。
つまり、受験者10人中7人が合格している事になります。 
このデータを見る限り、3級ファイナンシャルプランニング技能検定は合格しやすい、難易度が低い試験だと言えます。 

もっとも、3級を取ったからと言ってすぐに一人前のファイナンシャルプランナーになれる訳ではありません。
この3級は、2級以上の資格を得る為の踏み台と考えていた方が良いと思います。
もちろん、最初の一歩はとても大事なので、安易に考えてもいけません。
しっかり勉強し、確実にファイナンシャルプランナーとしての一歩目を踏み出しましょう。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より

20080708222701_3.jpg
posted by ファイナンシャルプランナー at 15:59| 通信講座

2008年08月06日

FP:ファイナンシャルプランナー試験の難易度

2級ファイナンシャルプランニング技能検定の合格率は、3級と比較すると、当然ながら難易度が高くなっています。 
よって、合格率もそれに応じて低くなっているようです。 
特に学科試験はその傾向が顕著で、第一回の実施以降、20%前後という非常に低い合格率で推移しています。 
つまり、5人に1人しか合格していないという事になります。 
これはかなり低いですね。
新司法試験の合格率が40%程度ですから、その難易度の高さが際立っている事がわかります。 

一方、実技試験に関しては、第一回を除けばおよそ50%くらいで推移しています。 
3級と比べたら難易度も上がっていますが、学科試験ほどの低い合格率というわけではないようです。 

このデータからわかる事は、ファイナンシャルプランナーは狭き門である、ということです。 
2級の資格はファイナンシャルプランナーにとって最低限持っておくべき資格です。 
これを持っている事で、ようやく胸を張ってファイナンシャルプランナーだと名乗る事ができるという認識で良いかと思います。 

2級ファイナンシャルプランニング技能検定をパスする為には、学科試験をどうにかしないといけません。
学科試験の範囲自体は、1〜3級で変わりはありません。
それでも3級から2級でこれだけ変わって来るという事は、急激に難易度が上がっている事を意味します。 
甘く見て受けた人がショックを受けるくらいのギャップがあるのです。 
学科試験の受験料は4,200円です。 
決して高くはありませんが、むざむざ4,000円を捨てるような真似をするのではなく、しっかりした試験勉強を行う必要があると思います。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より

posted by ファイナンシャルプランナー at 09:12| 資格・試験

2008年06月09日

FP:ファイナンシャルプランナーの学校


ファイナンシャルプランナーの資格試験に合格する為には、相応の勉強が必要です。 
それほど知識もない状態から3級のファイナンシャルプランニング技能検定を受けても合格するのは困難ですし、多少知識を付けたという程度で2級検定を受けてもまず受かりません。
ファイナンシャルプランナーの資格試験は、しっかりした知識を必要とした試験だからです。 

その知識を身に付けるためには、独学では限界があります。 
もちろん、中には独学だけで受かる人もいるでしょうが、大抵はどのような試験勉強を行えば良いかわからず、頭を抱えてしまうというパターンが多いようです。 
そこで、有効なのが、予備校や専門学校といった、ファイナンシャルプランナーの試験対策を行っている学校です。 
こういった学校に通う事で、試験に有効な学習を計画的に行う事ができます。 

ファイナンシャルプランナーの学校は、講師の人が直接教えることもあるし、通信講座を設けている事もあります。 
講師が指導しつつ、教材として通信講座を使用するという訳ですね。

学校に通う事のメリットは、楽しく学習できる事です。 
一人ではどうしても煮詰まったり投げ出したりしがちな所を、周りにも自分と同じ"職業"を目指している人がいるという環境の中で行う事によって、律しやすくしてくれます。 
それは競争相手であり、仲間であったりと、良い関係を気付く事ができると思います。

もですがたら、その後の人生を大きく左右する出会いがあるかも知れませんよ。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 06:12| 日記

2008年06月06日

FP:主なファイナンシャルプランナーの学校

ファイナンシャルプランナーの学校と言っても、実際にどのような予備校や専門学校があるのかは中々知る機会がないと思います。 
そこで、ここではファイナンシャルプランナーを目指している人が通っている学校について、いくつかご紹介します。 

まず、特に有名な学校は「資格の学校TAC」と思います。
TACは、様々な地域に校舎を設けているところが特徴です。 
北は札幌、南は福岡まで、全国いたるところに校舎を構えています。 
東京や大阪といった都会に住んでいる人は、通う学校に不都合はないでしょうが、札幌や九州に住んでいる人でファイナンシャルプランナーを目指している人には、そういった学校を探すのに一苦労してしまいます。 
そんな人達にとって、TACは非常にありがたい学校と言えると思います。

校舎内も充実しています。 
札幌校を例に挙げると、教室の他にも休憩室、書籍コーナーやDVDルームなど、様々な施設があります。 
教材を見るもよし、休憩して友達と喋るもよし。
色んな活用の仕方があるのが、TACの特徴でもあります。 

もちろん、講座も充実しています。 
試験に向けて、どのような問題が出るのか、どういった学習を行えば試験に受かるのか、どんなペース配分で試験勉強をしたら資格が取得できるのかという事を、自分で考える必要がなく、しっかりとしたサポートの元で学習が行えます。 

「資格の学校TAC」は、日本のいたる所にまで根を張った学校です。 
特に首都圏から離れている人にとっては便利な学校と言えると思います。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 05:31| 日記

2008年06月02日

FP:主なファイナンシャルプランナーの学校

主なファイナンシャルプランナーの学校として、東京ファイナンシャル・プランナーズも挙げない訳には行きません。
東京ファイナンシャル・プランナーズは、新宿と大阪に校舎を構えるFP資格の取得講座を行っている施設です。 
コンサルティンググループ会社の一つという形態ですが、学校と呼んで差し支えないかと思います。 
東京という冠が乗っていますが、大阪にも支社を出しているところがポイントです。 
大阪に住んでいる人でも通う事ができます。 

そんな東京ファイナンシャル・プランナーズは、様々な講座を設けています。 
ファイナンシャル・プランナーズ資格取得の為に設けられている講座は、全部で6つです。 
「3級FP技能資格取得講座」
「AFP&2級技能士資格取得講座」
「2級FP技能検定直前対策講座」
「CFP資格取得講座」
「AFP講座 ブリッジコース」
「AFP講座 会計人コース」
となっています。 

3級のファイナンシャルプランニング技能検定を受ける人は「3級FP技能資格取得講座」、2級なら
「AFP&2級技能士資格取得講座」「2級FP技能検定直前対策講座」、1級、CFPなら「CFP資格取得講座」、AFPなら「AFP講座 ブリッジコース」「AFP講座 会計人コース」と、わかりやすく講座が分けられているので、自分が受ける試験に則した学習が行えます。 

どれだけ良い学校でも、自分の受ける試験に合っていない学習をしている講座を選んでしまっては、受かる試験も受かりません。
東京ファイナンシャル・プランナーズなら、そういう心配はなく、しっかりとした試験対策が行えます。 

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 02:09| 日記

2008年05月31日

FP:主なファイナンシャルプランナーの学校

ファイナンシャルプランナーの学校として有名な学校の一つに、早稲田セミナーがあります。 
早稲田セミナーは首都圏に8校、それ以外の地域に10校の校舎を構えています。 
名古屋や神戸はもちろん、熊本や福岡にまであるので、全国どこに住んでいてもそれ程苦労する事なく通う事ができると思います。
特に福岡や熊本といった九州には中々ファイナンシャルプランナーの学校はないので、福岡などに在住しているファイナンシャルプランナー志望の人達にはありがたい学校と言えます。 

早稲田セミナーは、法律系、不動産系、会計系、就職系と、主に4タイプの資格についてのサポートを行っている学校です。 
この中で、ファイナンシャルプランナーは会計系に含まれます。 
講座は全部で4つです。 
「3級FP技能士合格講座」
「2級FP技能士・AFP合格講座」
「CFP試験合格講座」
「実務修習講座」
となっています。 

実務修習を個別で扱っているところが大きな特徴と言えると思います。
FPの試験は、学科だけでなく実技試験もあります。 
知識がどれだけあっても、実技で上手くできなければ試験には受かりません。
そういう意味では、早稲田セミナーは非常に実践的な学校と言えます。 

又、早稲田セミナーは非常に割引特典などのバックアップ制度が多い事も特徴として挙げられます。 
団体申込制度という団体で申し込んだら割引券が貰える制度があったり、障害を持った方に割引を行っていたり、30歳以上の方には割引を行うなど、このほかにも様々な割引があります。 
早稲田セミナーに通うなら、自分がどの割引制度に対応しているか、調べておきましょう。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 05:04| 資格・試験

FP:ファイナンシャルプランナーの通信講座

ファイナンシャルプランナー試験の為の対策として、学校に通うというほかに通信講座を受けるという方法があります。 
通信講座とは、テキスト、CDやDVDなどの映像教材を使い、自宅で講師から教えてもらっているような感覚で勉強するタイプの学習方法です。 

この通信講座の利点は、時間に縛られない事です。 
予備校や専門学校に通う場合、どうしても時間に制限があるので、会社に通っていたり大学にいかなければならない人にとっては、条件面で折り合いがつくとは限らず、泣く泣く諦めざるを得ない場合もあると思います。
ですが、通信講座ならその心配はありません。
自宅学習なので、自分の学習したい時間にできるのです。 

ただ、自分のペースで学習できるというのは、メリットでもありデメリットでもあります。 
というのも、強制されない学習は、どうしても緩みがちになってしまうからです。 
もういいや、と思ってしまったら、もうそこで終わりです。 
誰も律してくれる人はいません。
それが続いてしまうと、決して安価ではない受講料が無駄になってしまいます。 

ファイナンシャルプランナーを目指す、ファイナンシャルプランナーの試験に絶対受かるという強い意志がある人ならば、自分をコントロールする事もできるでしょうが、そうそう意志の固い人はいません。
どこかで必ず緩んでしまうのが人の心というものです。 
試験前などの緊張感のある期間なら兎も角、試験まで大分あるという期間に申し込んだ場合は、挫折する可能性も低くはありません。

自分自身の正確を見直した上で、通信講座が良いのか、通学が良いのかを判断しましょう。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 05:03| 通信講座

2008年05月25日

FP:3級ファイナンシャルプランニング技能検定

ファイナンシャルプランナーになる為の最初の登竜門となるのが、3級ファイナンシャルプランニング技能検定です。 
この試験を受けて合格する事で、ようやくファイナンシャルプランナーとしてのスタートラインに立つ事ができます。 
ファイナンシャルプランナーを目指す人にとっては、避けて通れない試験です。 
この試験で取得できる3級ファイナンシャルプランニング技能士の資格は、2級の試験を受ける為の条件の一つになっているので、ある程度知識がある人も、そうでない人も、まずこの3級ファイナンシャルプランニング技能検定に合格する事を目標に設定するケースが多いですね。

3級ファイナンシャルプランニング技能検定は、金融財政事情研究会、愛称「きんざい」のみが実施している試験です。 
その為、3級を受ける場合は、きんざいの試験のみが対象となります。 
試験会場などを確認する時も、きんざいのHPなどで確認する必要があります。 

3級ファイナンシャルプランニング技能検定には、学科と実技の二つの試験があります。 
それぞれ6割以上の正解が合格の条件です。 
なお、どちらかに合格し、どちらかが不合格だった場合、合格だった文の試験は次の試験〜2年後までは、その試験は免除となります。 

3級ファイナンシャルプランニング技能検定は、あらゆるファイナンシャルプランナーの試験の中で最も簡単な試験です。 
それでも、合格率は7割程度と言われています。 
簡単だと気を抜かず、しっかり基礎力を固めてから受験するようにしましょう。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 20:04| 日記

2008年05月23日

FP:3級ファイナンシャルプランニング技能検定の意義

3級ファイナンシャルプランニング技能検定に無事合格すると、肩書き上は晴れてファイナンシャルプランナーの仲間入り、という事になります。 
ただ、3級の資格を持っているからといって、すぐに一人前のファイナンシャルプランナーとして扱われるかというと、そういうわけではありません。
3級は、基本的には2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得する為のステップです。 
その資格自体には、それほど大きな効能があるわけではありません。
又、2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取るにしても、3級を必ずしも取得している必要はありません。
実務経験が2年以上あれば、それで試験を受ける資格は発生します。 

では、3級ファイナンシャルプランナーには、大して意味がないのでしょうか?

答えは、ノーです。 
物事には、順序というものがあります。 
一つ一つ階段を上る事で、高い、遠いと思っていた場所にもたどり着く事ができます。 
いきなり何段もすっ飛ばして行っては危険なのです。 
まず、3級を目標に試験勉強を行い、それに合格したら2級、1級と徐々にステップアップするのが、勉強する上でも、試験を受ける上でも、最も効率が良いのです。 

又、どうしても早く2級以上の資格を取らなければならない事情がある人にとっても、2年間の実務経験を経て2級を受けるより、3級を受けて、その後に2級を受けたほうが早く取れます。 

以上の事から、3級ファイナンシャルプランニング技能検定には大きな意義があると言えます。 

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 02:01| 技能検定

2008年05月21日

FP:3級ファイナンシャルプランニング技能検定の勉強

3級ファイナンシャルプランニング技能検定の試験内容は、基礎的なものです。 
まず学科は、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の6つの分野のから、ファイナンシャルプランナーとして仕事をする為に最低知っておく必要のある問題が60問出されます。 
出題形式はマークシートです。 
実技は、「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」の二つの分野から一つを選び、その一つから5問出題されます。 
なお、実技試験と言っても、実際に業務を行うのではなく、筆記試験です。 
こちらはマークシートではなく、実際に文字で記載します。 

これらのファイナンシャルプランナー試験に合格するには、まず地道に勉強し、基礎力を付けることです。 
予備校や専門学校に通っている人ならば、指示通りの勉強をしておけば自然に身に付きます。 
通信講座にしても同様です。 
独学で問題集や参考書を使って勉強している人でも、真面目に取り組んでいれば、数ヶ月と言わず、一月くらいで身に付くと思います。

もちろん、なめてかかってはいけません。
試験なので、知識があっても、その場でちゃんと答えられなければ容赦なく落とされます。 
何事にも本番に弱いという人はいますから、試験慣れしておく必要があると思います。
そういう意味では、学校に通っている人は、模擬試験を受ける事もできるので、有利と言えます。 
独学で学んでいる人は、できるだけそういう雰囲気に近い状態にして、過去問を解くといった方法で、慣れておきましょう。
図書館などの人が多い場所でやれば、環境的に近いかと思います。 
ファイナンシャルプランナーへの道は、そうそう易しくはありません。

ファイナンシャルプランナー★★★では、ファイナンシャルプランナーの資格取得方法や試験対策の他、仕事内容、種類等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by ファイナンシャルプランナー at 19:10| 資格・試験